on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2014-04-28

フッ素が発達障害の原因に?

やっと巨大な締切が明けたのです(^o^)/
書きたいことがたまりすぎてます、、順次書いていきます。

リハビリに(?!)小さな記事を訳しました。


3月に、アメリカの科学雑誌Lancetに登場した、
ディスレクシアの原因のひとつがフッ素である
と読める記事の、要旨の翻訳です。


わざわざ子供を歯医者に連れて行き、フッ素を乳歯に塗ったりして、申し訳ありませんでした(泣)もうしません。

フッ素はテフロンのフライパンの表面にも使われてますし、
市販の歯磨き粉にも入っています
(ちなみに、うちの子は歯磨き粉が嫌いで、しぶしぶ使ってます)
アメリカでは、虫歯を減らす目的で水道水に入れられているそうです。




工業化学物質の発達神経毒性

(Developmental neurotoxicity of industrial chemicals)
原文→こちら

神経発達上の障害(自閉症、ADHD、ディスレクシア、およびその他の認知障害)は、世界中の何百万人もの子供に影響を及ぼしており、いくつかの診断の頻度は増しているように見受けられる。 
この増大の原因として知られているもののひとつに、発達途上の脳に損傷を与える工業化学物質が挙げられる。 
2006年に筆者らは体系的精査を行い、発達神経毒性物質として、鉛、メチル水銀、ポリ塩化ビフェニル、ヒ素、トルエン5種類の工業化学物質を特定した。 
2006年以降、疫学研究によってさらに6種類の工業化学物質が特定された。マンガン、フッ素、クロルピリホス、DDT、テトラクロロエチレン、ポリ臭化ジフェニルエーテルである。 
さらに多くの神経有毒物質が今後発見されることになると筆者は推測する。発達神経毒性のパンデミックを抑制するため、筆者は世界的な予防戦略をとることを提案する。未検査の化学物質を、脳の発達にとって安全と仮定してはならない。また、すでに使用されている化学物質および新たな化学物質はすべて、発達神経毒性の検査を行うべきである。こうした取り組みの歩調を合わせ、科学の予防活動への転換の動きを加速するためにも、国際的な情報センターを直ちに設けることを提案する。

大人の脳以上に子供の脳の発達に影響を与える化学物質がある、
大人の脳への影響がある(ない)ことは分かっていても、
子供の脳への影響は分かっていない物質もたくさんある、
ということらしいです。

そもそも、ディスレクシアは「神経発達上の障害」なのか?!
化学物質が蓄積するとなってしまうものなのか?遺伝じゃなくて?
とは思うものの、
自閉症やADHDの診断を受ける人が増えていることは明らかで、
その原因のひとつが化学物質であることは、あながち嘘とも思えません。



0 件のコメント:

コメントを投稿