on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2015-05-19

村上春樹、LDを告白!

1月から4月末まで、村上春樹がメールで寄せられた読者からの質問に答える
「村上さんのところ」という期間限定サイトがありました。

その更新最終日に、村上春樹が
自分も少しくらいLDの傾向があったかも」と言っています!




http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/30/113300 
私はどうも勉強が苦手です。本を読んだり、講義を聴くことは好きなのですが(これらは知的好奇心を満たしてくれるのでむしろ積極的にします)、机にじっと座って勉強をするということがどうしてもできないのです。というか、学校で勉強の方法って習ったでしょうか?勉強の仕方ってなんなのでしょう。
何個も連なった問1、問2、問3……を眺めていると、くらくらしてきてつい遊んでしまいます。それで親には怒られます。[中略]勉強ってどうすればできるのでしょうか。(ほろほろ、女性、18歳、学生)
…世の中には「学習障害」というものがあります。英語で言うと、Learning Disabilities略してLDです。知的能力はまったく劣っていないんだけど、システマティックな勉学に向いていない。そういう能力が欠如あるいは不足している。そういう傾向のある人に「勉強しろ」ということは、ほとんど拷問に等しいことです。僕にも少しくらいそういう傾向があったかも。好きなことならいくらでもできるんだけど、いやなことにはぜんぜん関心が向かない。そういう傾向は今でもぜんぜん変わっていません。きみはどうなんだろう? 何か好きな勉強はありますか。


やっぱそうか~~~(o・∇・)o

私は前々から、村上春樹の長編を読んでいて
こういう立体的な構造の、通常の枠におさまらない物語が書けるのは
ひょっとしたらディスレクシアだからではないか?と思っていたのです。

ちなみに、『1Q84』ではディスレクシアの美少女が登場します。

1984年に、
「君が言っているのはつまり、いわゆるディスレクシアみたいなことなのかな?」
「ディスレクシア」とふかえりは反復した。「読字障害」「そういわれたことはある。ディス--」(『1Q84 Book 1』p178)
という会話が成立すると考えるのは、ちょっと難があると思うのですが、、


ともあれ、わたくしは
村上さんはご自身をディスレクシアだと思いますか?」という
あまりにもストレートすぎる質問を、1月中に送らせて頂きました。



「そうだん」がひらがななのが
妙~にディスレクシア的な気が

やっぱりというか、私の質問は採用されなかったのですが、
質問を送ったときに返ってきた自動返信のメールが・・・





(o・∇・)o!!
なんという勢いのない字…!字形がとれてない…!(嬉)
この自動返信メールで、お返事は頂いたようなものです。
これを見て、私の中で村上春樹は勝手にディスレクシア認定されました。

推測ですが、
村上春樹は90年代、米国東海岸の大学に招聘された時に
ディスレクシアというものを知ったのでは…と思っています。
当時は日本ではディスレクシアはまったく知られていなかったはずですが、
アメリカの大学ではすでに研究対象になっていたので。

それにしても、この字と小説のギャップは、何ともディスレクシアです!

そう思ったのは私だけではないようで、こんな質問もありました:
http://www.welluneednt.com/entry/2015/02/19/174000 
村上さん初めまして。
唐突な質問なんですけど、このホームページ上で直筆だと思われる文字が見受けられますが、左手で書かれたのでしょうか? 
(ジョード、男性、40歳、会社員)
  
つたない右手でペンを持って、一生懸命書いています。そんなことを言われるととても傷つきます。にゃあ。
村上春樹拝

この字ですよね↓。左手で書いたのかと言いたくなりますよね。。

もんがまえ、「と」「ま」が特にディスレクシア的です

ここで『1Q84』から、ディスレクシアの字についての描写を:
「字は小さく、硬く角張って、どことなく不自然に見えた。貝殻を集めて、砂浜に書かれた字を、上空から眺めているみたいな感じがあった」(同p471)
この比喩、じわじわ来ます・・・。

~ ~ ~

他にもいくつか、「村上さんのところ」から、
特にディスレクシア的だなと感じた回答を貼っておきます。

実は、2月頃の回答では、
ADHDの質問者に対し、割と普通の(?)答えをしていました:
http://www.welluneednt.com/entry/2015/02/09/073500
はじめまして。理性がつきはじめた頃から、他者と比べて思考が幼いと気付いていました。そして17歳になり、診断された結果、ADHDだとわかりました。ネットでは、私達ADHDはゴミクズだと、生きている価値がないと綴られていることが多々あります。そのネットでの価値観はまったくもって正しいと私は思います。先生ならば、どう思われるのでしょうか……? (ひなた、女性、17歳、無職) 
 すごく平凡な答えになって申し訳ないのですが、時間をかけてその障害(みたいなもの)とつきあっていくしかないと思います。まわりの協力も必要だし、あなた自身の努力も必要だけど、それはじゅうぶん可能だし、やってみる価値はあると思います。もちろん専門医師の指導も大事です。ネットで何が言われているか知りませんが、そんなことは気にしない方がいいと思いますよ。それはあなた自身の大事な問題なんだから。そしてそれを乗り越えられたとき、あなたは普通の(障害みたいなものを持たない)人よりずっと強い、大きな人間になれていると思います。「文豪」と呼ばれている小説家の中にも、実はさまざまな種類の精神的な重荷を抱えた人がけっこうたくさんいます。あなたの健闘を祈ります。


これは、「ディスレクシア」という言葉が出てきた唯一の回答。
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/23/113100 
小学校の先生として、一人でも多く本好きの子供を育てたいという気持ちはとてもよくわかります。本を好きになるというのは素晴らしいことです。ただ世の中にはディスレクシア(識字障害・読字障害)を抱えている人も少なくないし、そういう人たちに強制的に本を読ませるのは、たぶん拷問に等しいことだろうと思います。やはり読書というのは、自発的におこなわれるべき行為ではないでしょうか。ある程度読書を勧めて、でもどうしても本が好きになれないという子供たちには、好きなことをさせておく方が良いと思いますよ。繰り返し言っていることですが、人口全体の5パーセントが本当の本好きであれば、世の中はなんとかなっていくものです。

次は、「昔、何かのエッセイで、「挨拶という字が書けない。練習しなくちゃ」と書かれていたことがあったと思いますが、書けるようになりましたか。」という質問への答え。
ディスレクシア的と言われればそんな気もしますが、書けない人は多いかも…
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/24/113700 
実は「挨拶」、まだ書けません。練習を怠けていました。パソコンで文章を書いていると、書けない漢字って、ぜんぜん書けるようにならないですね。というか、書けた漢字まで書けなくなってくるみたいです。どこかで練習しないと。

おつぎは読書感想文の書き方について。
ディスレクシアの特質である
一見無関係なものの間に関連性を見つける能力
を地で行く回答。そして同じ指摘が先日コメント欄でもありました→
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/24/073100 
よくぞ訊いてくれました。僕は昔から読書感想文を書くのが得意でした。読書感想文を書くコツは、途中でほとんど関係ない話(でもどこかでちょっと本の内容と繋がっている話)を入れることです。それについてあれこれ好きなことを書く。そして最初と最後で、本についてちょろちょろっと具体的に触れる。そうするとなかなか面白い感想文がすらすら書けます。やってみてください。
 僕は高校時代、他の人のかわりに課題の読書感想文を書いてあげて、お礼に昼ご飯をおごってもらっていました。昔から今と同じようなことをしていたんですね。

最後に、当ブログでも一時盛り上がった、ディスレクシアと夢、異界について。
このあたりのことは、非ディスレクシアな私には謎の世界です・・・
「同じ妄想を私もします!」というディスレクシアの人が現れないかな~、
などと思って貼ってみます。
http://www.welluneednt.com/entry/2015/04/09/173000 
物語と空想は似ていますが、ちょっと違います。物語はもともと自分の中にあるものです。それは深いところに鉱脈のようにあります。それが地上にたまたまでてくるのが空想になるのかもしれません。つまり、ごく簡単に言ってしまえば、空想は物語の尻尾のようなものです。子供の頃は物語と空想がかなり近接したところにありますが、大人になってくると、そのふたつはだんだん分離していきます。 小説に即していえば、空想を書いていただけでは小説になりません。自分の中にある物語を深いところから掘り起こして来なくてはなりません。ゼペットじいさんが木の塊の中からピノキオを見つけ出すみたいに。つまりゼペットじいさんはピノキオを作ったのではなく、見つけ出したのです。だからこそピノキオは生命を持つことができたのです。 
http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/09/11300 
僕が小説を書くときに訪れる場所は、僕自身の内部に存在している場所です。それをとりあえず「異界」と呼ぶこともあります。それは現実に僕が生きているこの地表の世界とは、また別な世界です。普通の人は夢を見るときに、しばしばそこを訪れます。僕は――というか物語を語るものはと言ってもいいのでしょうが――そこを目覚めた意識のまま訪れます。そしてその世界について描写します。だからそれは外部にある「異界」ではありません。あくまで内的な「異界」です。異界という言い方が誤解を招くなら、率直に「深層意識」と言ってもいいかもしれません(ちょっとだけ違うんですが)。どうすればそこにアクセスできるか? 僕にはわかりません。瞑想の訓練みたいなものである程度可能になるかもしれませんが、妙な思想が絡んでくると危険なこともありますので、くれぐれも気をつけてくださいね。マジックにはホワイト・マジックとブラック・マジックがあります。違いに留意してください。 
http://www.welluneednt.com/entry/2015/02/15/203600 
夢の続きを見るというのは不思議な体験ですね。たぶんあなたは夢とのコミットメントが深い方なのでしょう。僕はあまり夢を見ることはありませんし、見たとしても大方の場合、本当に断片的なことしか記憶していません。ただ小説を書くというのは、夢を記述する行為に似ていると思います。違いは、小説家は眠っているときにではなく、目覚めているときに、意図的に夢を見るということと、その続きをいつでも自由に見られるということです。けっこう楽しいですよ。  
http://www.welluneednt.com/entry/2015/02/14/113100 
妄想、しょっちゅうしているかも(笑)。というか、妄想することが僕の仕事の一部です。妄想というのは、頭の中で自分を仮説に巻き込んでいくことです。つまり「自分がこうあるかもしれない姿」をどんどん追求していく。そしてその追求はどんどんあらぬ方向に突き進んでいってしまいます。僕は言うなれば、そういう知的探求(知的なんだろうな?)を仕事にしています。そしてそれは君の勉強を妨げている。困りましたね。僕としては「勉強なんてまあいいじゃない。ここはしっかり妄想しようよ」と言いたいところなんだけど、まあそうもいかないし。今のところはがんばって勉強してください。 

19 件のコメント:

  1. 村上さんは、「ノルウェイ森」を40代に入ってから読み、失礼ですが魅力がよく分からず、モヤモヤっとした感じが残って 村上ワールドから離れてしまいました。
    数年後、ふと挑戦してみよう!(読んでみようではなく、挑戦になるんです)と 「海辺のカフカ」を読んだら読みやすく、流し読み的に読みながらも メモってしまうような心動く表現にも出会いました。
    でも、村上ワールドは私には疲れるというか・・・私は、思考の仕方が平面的なんでしょうか。

    小説なら、分かりやすいのが好きです・・風景などが、手に取るように私的に気持ち良く描写されてると、妙に感動したり。笑。

    そして、本が大好きなのに、面白いと思えない本は苦痛にさえなってしまうのです。
    なので、学生時代の課題図書とか苦手でしたね・・・笑

    でも、今日の記事を読んで、、『1Q84』を読みたくなりました!

    あと、うちの息子、頭の中のことが現実と思ってるのかな?というのが、もう少し幼いころにありました。
    なので、「うそつき」と言われても、本人は「嘘じゃない!」って怒ってたり。
    現実と想像(妄想や願望みたいな感じ)が区別できないのかと、心配になったことも。
    最近はそうゆう感じは表には出ていませんが・・・内面にあっても、出さなくなったのかな・・・

    返信削除
  2. 村上さんはディスレクシアの作家ジョン・アーヴィングのデビュー作『熊を放つ』を86年に翻訳していますが、偶然にしても興味深いですね。アーヴィングの物語世界に共鳴するものが村上さんの中にあって、それで日本に紹介したいと思われたのかもしれないですね。

    返信削除
  3. ちゅら海さん
    私は村上春樹は長編しか読んでないです~~
    『1Q84』は、なんかRPGというかゲームみたいな感じもしてちょっと興ざめだったのですが、ディスレクシア的には面白く読みました。そういえば『海辺のカフカ』もLDの人が出てくる設定でしたよね。

    >「うそつき」と言われても、本人は「嘘じゃない!」って怒ってたり。
    ↑これ、子は(あまり)ないですが、父にはめちゃくちゃあります!!!
    それで母と父は「言った/聞いてない」「本当だよ/なに話作ってるの」で40年間喧嘩が絶えませんでした(--;)。父がディスレクシアだと分かってから母は「言ったことはすぐに忘れ、嘘つきだと思っていたのはこれだったのか…」と脱力しまくってました。

    てぷさん
    村上さんが傾倒してるフィッツジェラルドもディスレクシアだったって知ってました?!
    ひょっとしてサリンジャーもそうかなと思い検索してみましたが、そういう話はないみたいです。でもサリンジャーはめちゃくちゃ偏屈な人だったらしいので、今で言う発達障害だったかもしれませんね。
    『熊を放つ』も『ライ麦畑』もハイパーレクシア時代(?!)に読んだきりほとんど記憶にないので、もう一度読んでみようかなと思いました^^

    返信削除
    返信
    1. フィッツジェラルドもですか?! そうなんだ、びっくりです……。アーヴィングは小説より映画のほうがわたしにはぴんときました。
      村上作品はある時期から自分とのあいだにズレを感じて熱心な読者ではなくなってしまいましたが、文章から喚起されるイメージの豊かさや伝わってくるビート感にはあいかわらず惹かれます。ディスレクシア的なところですね。

      ところで……うちの子が小さい頃、「母ちゃんはぼくの本当のお母さんとちがうで。ぼくの本当のお母さんは未来の国にいるから」と言い張って困った時期がありました。夢と現実がごっちゃになっていたのか。小学校高学年になっても、話の途中で急に「もしぼくが熊だったらどうする?」などと言いだすことがよくありました。卒業文集も、将来やってみたいこととしてマッド・サイエンティスト張りの奇想天外なアイデアが羅列してあって、最後は「……などを考えるのがぼくの楽しいことです」と結ばれていました。その手のあれやこれやを思い出し、先々どうなっていくんだろうとちょっと考えてしまいました……。

      削除
    2. ( ゚д゚)で、てぷさんはその妄想にとことんつきあうんですよね?!

      そういえば、マインクラフトを教えて下さりありがとうございます!
      「ブログに来る人が教えてくれたよ~」とちょっと見せたら、以来連日はまってます。うちは巨大建築物を作るのが好きみたいです(今は神社)。

      削除
    3. きた神社! そういうところまでつながるんですね……不思議。
      最近「これなら母さんでもできるんじゃない?」とMonument Valleyなるゲームをさせてもらったのですが、これがまたいかにも彼らの好みそうな感じですよ。もしご存知でなかったらご覧になってみてください。

      はい、「川で一緒にサケをとる!」とか言ってたんですよ、わたしも。それで今に至ってます(泣笑)

      削除
  4. 最後あたりの「空想と物語の違い」でじわじわ来ました。自分が漫画を作るときにやる映像思考に似てます。
    私は降って湧いてくる空想(着想・断片)をかき集め、妄想して、実際に手で描いて漫画にしていくんです。
    かき集めた空想を組み合わせてみたり分解したり、つなぎ方を代えたり…ひたすら気持ちの良いラインを探る(妄想する)んです。
    漫画作業も十人十色にやり方があって(特に「空想〜妄想」の部分で、自分に合うorそうやってしかできない…な方法を1人1つは持っていると思います)一概には「こういうものだ」と言えないのですが、村上さんの異界とか妄想の考え方が自分と近い気がして…思い切ってコメントしてみました。

    返信削除
  5. もじこさんの村上春樹ディスレクシア説、説得力あり過ぎです!あの文章から想起させるイメージの豊かさと手書き文字とのギャップに胸が高まりました。世界中にファンを持つ先生ご自身としてはカミングアウトするにはリスクがまだ大きいのでしょうね。勝手ながらツイッターでもつぶやかせていただきました。

    返信削除
  6. 紺さん
    勇気ある告白(?!)嬉しいです^^。「降って湧いてくる空想をかき集め、妄想して、実際に手で…」という表現からして、すでに映像思考的というか比喩が美しいというかディスレクシア的です。

    鉄火のマキさん
    まさに私が言いたかったことを言って下さりありがとうございます!
    村上春樹と言えば比喩のイメージ喚起力ですよね。
    そして比喩を使って説明するのがディスレクシアらしいです。

    村上春樹って『アンダーグラウンド』を境に、それまでのデタッチメントな雰囲気から急に社会にコミットする作風になったと思うのですが、それも私にはディスレクシア的な気がしてまして。。



    お二人からはエイデ博士への質問をお預かりしてます。お返事が遅れてまして申し訳ありません(伏してお詫び)。質問は訳してあるのですが、先方がミッションステートメントの発表やら大々的なアンケート調査を始め、それが落ち着いたら送ってみようとタイミングを計るうちに・・・。もうすぐアンケート調査が終わりそうなので、タイミングを見て送ってみようと思っています。いましばらくお待ち下さいm(_ _)m

    てぷさん
    神社もですか?!
    その前は、ひたすら地底を掘り進んだ結果、死亡してましたよ。

    返信削除
    返信
    1. いやぁ…自分が小説苦手で、村上さんの凄さや魅力を周囲の最低限よりもはるかに知らないだけかと…w
      文学賞で毎回名前が上がるような、海外に住む?日本の小説家という覚えと、村上さんのお名前しか存じ上げないし、この記事で興味が出てきて本を見ようかなとおもったくらいでして。
      世間以上に無知なだけですね^p^

      削除
    2. もし今から何か読むなら、個人的には初期の短編『カンガルー日和』を推してみます。村上ディスレクシア説という偏見?いっぱいで今日再読してみましたが、飛躍の仕方というぶつ切れな文体といい、すごく納得できますよ^^。

      または、MONKEYという雑誌の最新刊に連載中の自伝も面白いです。いまちょうどデビューの頃、30歳の時のことを書いています。

      削除
  7. こんにちは。新たな火種の投入ですね。

    私はノルウェイしか読んでおらず、それもずいぶん昔ですが、読んでいる最中の、あの妙な感覚を思い出します。

    (妙な感覚の例)
    ・場面転換が急。そして、個々の場面での描写は詳細。
    ・映像的。目に浮かぶよう。
    ・物語全体がぼやーっともやに包まれた感じ。(司馬遼太郎などでは決して感じない感覚。)
    ・順を追ったり、きちんと述べたりはしていないのだけど、後になると理解できる。
    また、関係ないかも知れないけれど、
    ・濡れ場が多い割に、一つ一つがあっさりしている。

    書いていてよくわからなくなtってきてしまいましたが、いわゆる村上ワールドは、ディスレクシアだからこそできる文体、言い換えれば、ディスレクシアであるがゆえにひねり出さざるを得なかった文体の、最高の完成形のひとつ、と、言えるのでしょうか....?

    返信削除
  8. 先輩!濡れ場って言葉、久しぶりに見ました!
    昭和な感じがありますね(笑)

    5項目すべて同意します、村上ワールドの少なくとも初期(ノルウェイの森あたりまで)はディスレクシアであるがゆえにひねり出さざるを得なかった文体なんだろうなと・・・

    80年代、村上ワールドはオサレな外来文化の代名詞でもあったと思うんですよね。中央線と西武国分寺線が分かれるところのボロアパートを「チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏」と形容する男性は当時はいなかった(笑)。でもチーズケーキがコンビニでも買えるようになったいま村上春樹の初期短編を読むと、この人は普通とは全然違う時間感覚や空間感覚を持っている人なんだと気付かされます…

    返信削除
    返信
    1. 冒頭「濡れ場」に食いついてくださって感謝です。スルーされたら居場所がないなあと,投稿してからくよくよ思っていました。頼りになるなあ。
      はい,わたくし,昭和後期の人間でございます。

      普通じゃない時空感覚を,普通の言葉になおし,普通のひとに読んでもらう。非常な苦労だったことでしょう。そしてそれを成し遂げたのが,世界のHaruki Murakamiなんですね。

      彼の作品の翻訳は,これまた,大変なのでしょうね。

      削除
    2. そこですか(笑)。先輩、ラテン某国に長くいすぎて日本語が昭和化したのかと思いましたよ(笑)

      削除
  9. たるるーと2015年6月8日 8:38

    もじこさん
    小3 男ディスレクシアの母です。このブログにたどり着けて本当によかった・・・漢字が本格化しだして大いに悩める時期にはいりました。WISK IVでディスレクシアの判定がでるのですか?知りませんでした。
    毎日、不思議な文字の連絡帳をみて笑える心境にやっとなってきました。
    漢字カード試してみます!

    返信削除
    返信
    1. はじめまして!
      WISC-IVはディスレクシアのための試験ではないのですが、12項目の検査があり、その凹凸の形状によって、「ディスレクシアの可能性が高い」「こういう分野が弱いのでこういう現象となって現れるはず(「短期記憶が弱いので、板書がとれない」など)」といったことが分かります。
      小3はうちの場合、最も悩みの深い時期でした。中1となった今は当時と比べて彼なりに読み書きの力は大いに進歩しましたが、周囲との差や日々の苦労は変わらずです。でも精神的にはずっと楽です。
      お互いこつこつ頑張りましょう!

      削除
    2. たるるーと2015年6月10日 8:14

      小3、辛いです。
      私は東京在住でしたが、子供にとってよい環境を!とのぞみ、かなり思い切って全校生徒10人のど田舎の学校へ引っ越してきました。小3クラスは3人で大変きめ細やかですが、短期記憶がとくに低いので板書がやはり苦手です。それでも、小規模クラスなので東京にいるときのような、足並み揃えていきましょう的なプレッシャーからまず私が解放されました。
      しかし、いつかは東京に帰りますのでその時はどういう選択になるのかと毎日考えています。
      もじこさんに、アドバイスしていただきたいこともあるのですが、掲示板経由になりますか?

      削除
    3. すばらしい行動力ですね!
      当ブログには北海道から沖縄まで、やはり小さな学校に(ディスレクシアの)お子さんを通わせている方から情報提供があります。そこから分かるのは、非都市部の小中学校はたるるーとさんのおっしゃるようなプレッシャーからは都市部よりも自由だが、ディスレクシア対応や先生方の理解については都市部と変わらない、ということです…
      うちは東京ですが、公立小を卒業後は大正新自由教育の流れをくむ私立中に通っています。この学校は当初予想していた以上に自由です。

      小3は、今になって思えば、うちは底を打った時期でした。

      続きはmojiko222アットgmail.comでお待ちしています^^

      削除