on dyslexia

ディスレクシアとは:

- 知能は普通だが、読み書きが苦手(読み間違いが多い、読むのが遅い、書き間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-独創的で、対人能力が高い。
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い場合が多い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説
- 家族性とされるが、ディスレクシアの表れ方は一族のなかでも個人差が大きい

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。

2017年、当ブログで分かったことをもとに、東京・南新宿にディスレクシア英語塾「もじこ塾」を開設。以来このブログは、もじこ塾の話題が中心になっています。

2020-03-17

コロナで外出できない方々のために,もじこ塾の一部教材を無料で公開します!

追記(20/05/31)
いよいよ学校が再開されるのに伴い、筆記体練習帳の無料提供を6月上旬に終了します。
たくさんの方にダウンロードして頂き、ありがとうございました。

大文字も加えた完全版を、有料で提供できるよう、現在準備を進めています。
効果を感じて頂けた方は完全版の購入を通じて、もじこ塾の存続を支援して頂けると、嬉しく思います。

日本全国,すっかり新型コロナウィルスに席巻されてしまった早春,みなさまいかがお過ごしですか。

もじこ塾は熟慮の末,この2週間も授業を続けています。
こういうときだからこそ,普段通りの生活を送ることは,とても大事だと考えています。

生徒たちは普段よりも疲れていないので,集中力も読み能力もむしろ上がっています。

そして「いまみんなでここにいる時間を大事にしよう」という無言の結束力が感じられます。

注意はするけれど必要以上に怖がらず,
家庭の事情でどうしても来られない生徒にも思いをはせながら,
みんなで集まって笑ったり煽ったりしながら勉強できることの有り難さを,私も感じていますし,生徒や助手も感じていると思います。


~~

もじこ塾の教材を,春休み終了までの期間,無料で公開します!


「この春休み,もじこ塾に行きたかったけれど,新宿まで出るのは勇気がいる」という方もおられると思います。
そのような方々のために,春休み終了までの期間限定で,もじこ塾が作り込んできたコンテンツの一部を,無料で公開します!!

「英語の44の音」






※出演,撮影,編集,すべて生徒です!



上に出てくるフォニックスの一覧表

そして!筆記体練習帳も!→
取り組み方について(授業日誌のブログに移動します)→

~~~
ああ,もじこ塾はなんて太っ腹なのでしょう(自画自賛)
これに真面目に取り組んだら,かなり効果があると思いますよ!と自信をもってお勧めできる教材たちです。

いま,家でひまでひまで仕方がないという生徒は多いと思います。
筆記体とフォニックスは,そんなときにぜひ取り組んでほしい教材です。特に字が苦手なディスレクシアにとっては,この長~い春休みは,頑張って字を読む練習をする絶好のチャンスです!
少しずつ,毎日取り組んでみてください。


4 件のコメント:

  1. アーモンド2020年5月16日 17:02

    こんにちは。
    筆記体練習を小2、4にやらせて1ヶ月たちました。
    最初は書くのが難しくとても疲れていたのですが、最近は上手になってきました!
    普段の英語の勉強時間にpの文字を自然と筆記体の文字で書くようになりました。
    筆記体の練習で成長しています。
    ありがとうございます。
    今は他にジョリーフォニックス2の本を使って勉強を進めたり、HARIBOチャレンジをしています。

    授業日誌で公開されていたビンゴはどのように進めるのでしょうか?
    お時間あるときにでも教えていただけたら幸いです。

    よろしくお願い致します。



    返信削除
  2. アーモンド2020年5月17日 0:43

    ビンゴの遊び方を質問したものです。

    授業日誌の過去を読んで、なんとなくビンゴゲームしてみました。
    ベルがないので真ん中に紙の人形をおいて、取らせて答えさせました。
    難しいかなと思っていたのですが、はじめから小学生に大ウケです!
    「⚪個ビンゴにできた〰!」と大喜び。
    下の9個の四角に好きなのだけ選んで書いていいよといったところ、わくわくしながら選んで書いていました。
    自分で筆記体で書いた字なのに、読めずに困ってたところは興味深いです。
    ビンゴの単語を読み上げてポイフルとHARIBOを置かせるゲームも、数を少なくして三回だけにしたところできました。

    ビンゴが小学生に想像以上に喜ばれ、本当にありがたいです。


    返信削除
    返信
    1. お役に立てて嬉しいです。また、すでに授業日誌ブログのコンテンツもご覧下さり、ありがとうございます。
      ビンゴは楽しく取り組んで頂いているなら、その方法で問題ありません。こちらでの進め方を書いておきました:
      https://bookshelvesofmojikojuku.blogspot.com/2020/05/1.html

      削除
  3. アーモンド2020年5月18日 0:25

    さっそくビンゴの進め方を教えてくださってありがとうございます!

    まだ先にはなるのですが、ジョリーフォニックス2が終わったあとの英語の進めを悩んでいるところです。
    ジョリーフォニックスのグラマーはまだ日本版が発売されてないので、
    もじこ塾の生徒さんの授業風景を参考にしながら、家で教えていこうかなと考えています。

    これからも応援しております!





    返信削除