on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
-
​​
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-
​​
独創的で、​​対人能力が高い。
​​
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力
に長ける。
- ​音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- ​読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから​
- ​細​​​​かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される-
​ ​
10人に1人程度いるというのが通説
​。アメリカの調査では3人に1人とも
- 家族性であり、遺伝による​。ただしディスレクシアの表れ方は個人差が大きい



当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2013-02-11

NHKニュースウォッチ9「ディスレクシアを知ってほしい」

NHK ニュースウォッチ9
“ディスレクシア”を知ってほしい
http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/?date=130206_1


ディスレクシアの井上智さん登場。イケメン!

鳥取県で工務店経営。
 #神山忠先生もそうでしたが、ディスレクシアは大工の才能がある人、けっこう多いです。

「とっさに文章を書こうとしても、漢字が浮かばない」
「小学校の頃は、勉強は好きだったが、テストでは答えが分かっても書けずに0点ばかり。
教師に『怠け者』とののしられた」
「読み書きできないのはものすごく恥ずかしい」と涙ながらに語る井上さん(T_T)

鳥取大学・小枝教授。
#この鳥取つながりは偶然なのでしょうか。。井上さんは特別支援学級の教員をしている奥様の助けを借りて体験記を世に出したわけですが。
「ディスレクシアの要因は脳のはたらきの違いにある。」
「文字を読むとき通常の人は脳の3つの部位を使うが、ディスレクシアの人はそのうちの2つがあまり機能していない。」
「ディスレクシアの子は怠けている、やる気がないと思われがち。誤解を解き、学ぶことへのサポートがあっていい」

井上さん、おそらくDAISYを使って、PC上のテキストファイルを読み上げさせています。
iPhoneの音声認識機能(Siri)を使ってメモをとる様子も。
#ディスレクシアであっても、音だけじゃなく、音+文字の併用を好むんですね、、
「(テクノロジーで)僕の人生は変わりました」

井上さんのサイトを読んで救われたと言う母子、登場。
小5の子がディスレクシアと判明。
iPadを教科書・ノートにして、授業を受けています。進んでる!
#子に「あんたもiPadを学校で使いたいなら頼んであげるよ!」と聞いてみたところ、
「いや、おれはいい」と一蹴されてしまいました(泣)

DAISYの教科書でしょうか?
学校から貸与されたと思しきiPadに、教科書を表示させて読み、
キーボードを接続して入力しています。
「教科書の内容を音声で聞くことができ、黒板の文字もキーボードで入力できるようになりました」

家庭での漢字学習の様子。
タッチペンを使って、iPadで漢字の練習をしています。
ゆびドリルとは別の、よく似たアプリのようです。

「知ってくれているというだけで、(何もしてくれなくても) どれほど励みになることか。
こういう社会に一日も早くなるよう、その役に僕は立ちたい」(井上さん)

13/04/22追記

http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2770001&date=20130428
によると、
5月末か6月初めにNHKテレビで井上さんのドキュメンタリーが放映されます。
とのこと。
見なくては!

6月15日(土)午前11時30分~11時54分
NHK
目撃!日本列島「50歳、成長中!~読み書き困難と向き合って~


http://www4.nhk.or.jp/mokugeki/x/2013-06-15/21/34848/











2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    時々覗かせてもらっています。

    うちの末っ子も漢字が苦手で苦労しています。
    中学に入ってから顕著になり、整理整頓や提出が出来ずに叱責ばかり。
    全くダメな訳ではないので軽度の読み書き困難かと夏に気付き、
    2学期の懇談前に先に二者で担任に話したのですが無駄に終わったくらいの その後の三者懇談。
    自分でも分からないという息子に呆れ顔で
    「先生が決めたる!やればできる!」と
    机を叩いて怒鳴られ、息子は泣き出す羽目になりました。
    私には分からない。と教育センターの電話番号をくれただけでした。

    帰り道に「出来ること、頑張れば出来るようになること、頑張っても出来ない事をハッキリさせて楽になろう」と
    検査を受けようと話すと素直に頷いた息子です。
    その時担任に押し付け気味に「LDは僕のID」の本を渡し、
    のちに「考えさせられました」と態度が変わったのが救いでした。

    先日検査を受けてきて、来月結果を聞きに行きます。
    どう出るのか分かりませんが、方向性が出ることが頼もしく感じています。

    こういう生の実体験を、教壇に立つ人が観てくれる機会を設けて欲しいと
    無駄な研究会ばかりしている教育委員会に望みます。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして!びっくりしています。ありがとうございます。

      息子さんの心中お察し申し上げます。そしてあやめさんの心中も、、
      >「出来ること、頑張れば出来るようになること、頑張っても出来ない事をハッキリさせて楽になろう」
      という言い方はさすが母ですね。胸にしみます。。。
      整理整頓や提出ができず→これも同じです!
      本人的には字が苦手なことよりもこっちの方が悩みのようです。

      ディスレクシアの子に「根性で読め(書け)」というのは、近眼の子に「根性で見ろ」というのと同じなのですが、そこを分かってくれない教師がまだまだ多いですよね。
      本を渡して教師を啓蒙するのは私もしましたが、良い方法だと思います。
      「LDは僕のID」、読んでみます。

      検査結果の解釈の仕方は、検査する人によっても違いがあるようです。WISC-IVの本を買って読んでいる最中ですが難しいです…。

      改めて考えてみると私の周りには「軽度の読み書き困難」の知り合いがかなりいるのですが、
      もともとオリジナリティに富んだ人種ですので、文字から解放さえされれば、創意工夫して居場所を見つけていきます。70歳を超えたディスレクシアの知り合いも何人かいますが、「年齢相応」的な概念とはまったく無縁なので、毎日が本当に楽しそうです。
      子もきっとそうなるんだろうな…と思うのが心の支えです。長生きするように言っています(?!)

      今後ともよろしくお願いします!

      削除