on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2014-11-18

社会のテスト勉強/幕末の偉人にはディスレクシア的な人がいますね

「明日、社会のテストがあるんだよ。範囲は開国から幕末」
と子が言うので、一緒に一夜漬けの勉強をしました。

「教科書は意味が分からないし、眠くなる」と言うので
(笑。私も山川の教科書が頭に入らなかったので、地理受験にしたほど)

PCで「歴史にドキリ」を見ながら、いろいろ話し合いました。
小学校でも見ているというEテレの番組。これがなかなかよくできてます。

子はディスレクシアらしく、固有名詞の暗記に、非常に苦労しています。
「にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく」を正しく言うことができません。
「にちべい・すうこうちゅうしょう…」「にちべい・しゅうそう…」etc。

事実そのものが抜けているわけではなく、
そこに何か「日本に不利な条約」があることは分かってます。

一方、「もし日本がペリーをキョヒって開国してなかったら、
今頃日本は北朝鮮みたいになっていたかな?」
「もしペリーと戦争して負けてアメリカに占領されてたら…」
「もしこの無血開城がなかったら江戸は燃え尽きて…」
などなど、「歴史のif」を妄想するのが大好きです。
とてもディスレクシア的だと感じます。


私自身の日本史の暗記事項は、四×大塚でストップしています。
小6の頃は「予習シリーズ」で、年号や事件名をかなり詰め込んでました。

でも・・・ディスレクシアびいきではないですが、
「日米修好通商条約」と来たら「治外法権」が脊髄反射で出てくるよりも、
「もしペリーに占領されてたら、日本は今頃英語を話す国になってたかも。
その前に、フランスやイギリスとの戦争に巻き込まれて、
日本はたくさんに分かれていたかも。」
「そもそも日本が鎖国していなければ・・・」
みたいな想像が出来るほうが、よっぽど歴史を知っていると言えるような。

でも、きっと今日のテストはしょんぼりな出来なことでしょう。

~~~

で、気付いたのですが、
幕末にはディスレクシアかADHDと思わせる人がちょこちょこいますね!


既存の枠にとらわれない考え方、
正義感、好奇心、圧倒的な行動力、
カリスマ性、身分に縛られない人付き合い、好奇心、
そして悪筆・・・
憶測するしかありませんが、幕末最大の偉人はディスレクシア的です。


たとえば、坂本龍馬
「せんたく」「はたもと」。。。
坂本龍馬にはかねてから、ADHD説があるようです。
また、悪筆も、ファンにはよく知られるところのようです。


もう一人、福沢諭吉

一万円札とは違う、型破りな雰囲気の若き福沢諭吉
(あえてこの写真を使うEテレも偉い!)

決して美筆とは言えない

今回、ネットで調べた範囲では出てきませんでしたが、
福沢諭吉はウェブスター英語辞典が欲しくて、
でも当時、ウェブスター英語辞典は貴重品で塾に一つしかなかったので、
福沢諭吉は辞書を一字一句、全部写して自分専用にした・・・
というエピソードがあったと記憶しているのですが。
もしかして、福沢諭吉も視写で英語を覚えたのかも(笑)

そういえば、新しい訳語もたくさん作りましたね!
言葉を作れる人ってそうそういません。
その上、漢字廃止論も唱えているそうですね。

福沢諭吉はちょっと調べると、人を引きつける力のものすごく強い人、
「異端のカリスマ」だと分かります→
学者ではなく起業家であり(ただし金勘定は苦手)、
壮大なビジョンを持ちつつ、本の中には南北の表記ミスがあったり→
身分ではないところで人を判断したり…
あくまで推測ですが、知れば知るほどディスレクシア的なお方です。

慶應義塾には、第二・第三の福沢諭吉を輩出するためにも、
ぜひ「ディスレクシア枠」を設けてほしいです!

0 件のコメント:

コメントを投稿