on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2012-10-15

赤っ真な太陽


夏休み中にWISC-IVを受けたところ、

・IQは普通
・「言語理解」は学年並みかそれ以上
・「知覚推理」はほぼ学年並み
・「ワーキングメモリ」は学年以下
・「算数」は2~3学年進んでいる
・「処理速度」は4パーセンタイル、特に「符号」の出来が著しく悪い

よって、ディスレクシアの可能性が高いだろうという結論になりました。


記号の視覚的認知に問題があるのか、
それとも記号を意味に転換する部分に問題があるのかは、
WISCだけでは分からないけれども、
彼にとって字を読むのは相当に大変なことだろう、
縦軸の数値が1違うと1学年分違うと考えると、
「符号」については6学年分遅れていると考えられる・・・
とのことでした。

「符号」だけ解答用紙を見せてもらいましたが、混乱しとっちらかっているのがよく分かるありさま。
記号を別の記号に結びつけるのがとにかく難しいようでした。

人よりはるかに集中して取り組んでいるので、あまり長時間の勉強はさせない方がいいのでは、とも。

3歳児の記号解読能力でこれだけ漢字を書いていると思うと、逆に感動的に見えてきました。。