on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
-
​​
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-
​​
独創的で、​​対人能力が高い。
​​
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力
に長ける。
- ​音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- ​読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから​
- ​細​​​​かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される-
​ ​
10人に1人程度いるというのが通説
​。アメリカの調査では3人に1人とも
- 家族性であり、遺伝による​。ただしディスレクシアの表れ方は個人差が大きい



当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2016-08-15

明日から、もじこ塾夏期講習の後半が始まります。

残暑お見舞い申し上げます。
お盆期間中、みなさまいかがお過ごしですか。

この2週間、ディスレクシア浪人生の個別指導を毎日続けておりました。

前半にお越し下さった皆様、学習相談にみえられた方、
コメントを下さった方、メールでご質問を下さった方、
いろいろとご連絡が遅れておりまして、申し訳ありません。
順次お答えしていく予定ですが、ここから先、受験シーズンまでは、
もじこは受験生対応が最優先になりますことを、なにとぞご了承下さいm(_ _)m

明日から、もじこ塾夏期講習の後半が始まります。
みなさまとお目にかかれるのを、楽しみにしております。



ここまでの感想を、何点か書いておきます:

☆ ☆ ☆

ディスレクシアな中1を教える難しさ。
ジョリーフォニックスを教えるだけで、かなり楽になる生徒もいますが
フォニックスもあまり覚えられない、覚えたとしても語や文に生かせない、
フレーズも聴き取れない、、、そんな中1の子も何人か来てくれました。
こうした子にとって英語の勉強はとても大変そうで、難しい指導になりました。

きっと、こうした生徒を「音韻認識が非常に弱い」と言うのですね。
おそらく、英語学習には、膨大な時間と手間がかかるだろうと思います。
私が数学に、他の全教科を足した以上の勉強時間を捧げても、
偏差値40台から脱しなかったように。。

こういう子が、「なんで英語をやらないといけないわけ?」と思っている場合、
4日間で教えられることは、残念ながら、かなり少ないです・・・

ただ、そんな子でも、文法の説明にはわりと理解を示すのが印象的でした。

また、逆に言うと、
「フォニックスを教えれば、そのあとが(自分比で)楽になる生徒」とは、
・フレーズを聞くだけで、ざっくりと口真似ができる、
・読字より書字に困難がある(=書くのは大変だが、読むのはまあまあできる)
だと感じました。


~~~


どんな動機であれ、英語に対してやる気があることは、
英語ができるようになるためには、とてもとても大切です。
やる気問題に関しては、もじこ塾に来る中2以上は全員クリアしているので
「中一で英語が超絶に苦手で、なぜ英語をやらなきゃいけないのか分からない子に、どう接したらいい?」
と、彼ら彼女らの意見を聞きました。すると・・・

・親がまだ「転ばぬ先の杖」になろうとしている。∑( ̄0 ̄;(浪人生)
・「どんなに頑張ってもできないこと」ってある。(ノД`)(浪人生)
・あの頃はすべてに反抗していたので、親の言うことなんか聞かなかった(高1)
・一回、英語から少し離れて、ここにあるお菓子でも食べながら話をしたら(高1)
・自分も中1のときはそう思っていた。(何か伝えるとしたら?)「高校生になったらもっと苦労するから頑張るべき」(高1)
・やりたくないなら、しょうがないですよね(中学生)
・自分も「なんで英語やらなきゃいけないのか」と思います(このあと延々議論して納得)(中学生)
・演技不足。それくらい隠せと言いたい( ̄0 ̄(この子とも、このあと延々議論)(中学生)



中1の親御さんのみなさま。
ディスレクシア英語学習はとても大変なので、
本人にやる気がなさそうなら、まだその時が来ていないのだと思います。
親子の温度差を解消するべきです。

「馬を水辺に連れてくることはできても、水を飲ませることはできない」
といみじくも言ったお母様もいました。本当にその通りだと思います。。

~~~

◆検定教科書に沿って教わると、構文をほぼまったく学ばないらしい。
そのことが、ディスレクシア的には、困難をより一層大きくしている。

ここで言う「構文」とは
「英文を読むために必要な英語のセンテンスの構造に関する知識」という意味です。
英検の大問1やセンター大問2のような、文法4択問題を解く能力とは異なります。
もう少し詳しく言えば
語順によって意味が決まる英文というものの、ルールを体系化したもの」です。
駿台の伊藤和夫が完成させたもので、予備校に行けば必ず教わります
(私も教えてます)

構文がわかると、初めて読む文章でも、
辞書さえあれば、根拠をもって読み解くことができます。
構文がわからないと、
英文読解は「単語の羅列を念力でつなげる」作業になってしまいます。

現在、検定教科書では、文法用語をほぼまったく使っていないようです。
そのこと自体はいいのですが
(文法用語をほとんど使わなくても構文は教えられます)
しかし、中学の最初から「単語の羅列を念力でつなげる」ような指導をされては、
英語が使えるようになるはずがありません。

今回、fromを「出身」という意味だと思い込んでいた高1、
isを「です」という意味だと思い込んでいた中学生がいました∑( ̄0 ̄;
I am from Japan.を、
「私・です・出身・日本」に置き換えて、念力でつなぐ読み方は
このレベルならまだしも、もう少し文が複雑になったら必ず破綻します。

「単語の羅列を念力でつなげる」指導は、
ディスレクシアにとってはとりわけ不利です。
なぜなら、単語が覚えられない人種なのですから(苦笑)。

一方、ディスレクシアにとっては、文法は比較的理解しやすい分野です。
ですから、中1の段階から文法を明快に教えてあげることで、
単語暗記の負担を減らすことができると考えられます。

☆  ☆  ☆

◆設問があれば、戦略を立てられるので、
ディスレクシア的には、読みはだいぶ楽になる。

もじこ塾に来る高校生は、例外なく、
夏休みの宿題と称して薄いドリルを持って来ています。

読解や文法問題集*を丸投げされて、「夏休み中に解いてきなさい、休み明けにテストをするから」というのが、日本の高校生の夏の英語体験らしいです。ちょっと悲しい(- -;)
(*4択や書き換え問題がたくさん並んでいるもの。これができても構文は残念ながらわかるとは限りません)

それはさておき、
漠然と英文を読むのでなく、設問を解くことが目標となれば、
ディスレクシア的には「設問さえ解ければいいのですね?!」と、
明確な戦略を立てることが可能になります。
こうなると、ディスレクシア的にも、突破口が見えてきます。

具体的には、
設問文に含まれるキーワードを本文中に探し、
その前後だけを、正確に構文を取りながらじ~っくり読む、
そうすると設問が解ける
というものなのですが、
ディスレクシアだと、こんな虫食い的な読み方でも、
間に書いてあることもだいたいあたるのが不思議なところです。

☆ ☆ ☆

◆目がつらいディスレクシアと、耳がつらいディスレクシアがいる。

「目がつらいディスレクシア」の最も極端なケースは、
「マス目のついた紙に字を書かれると、マス目のほうが目立って読みにくい」
と言った生徒でした。
この生徒は、ペンやチョークの色によっても、見え方に差があると言いました。

一方、今回、トマティスリスニングセンターで紹介された
骨導ヘッドセットを試してもらっているのですが、
何人かの子には、かなりの効果があるように感じています。

これを付けて読むと、自分の声がよく聞こえます。
そして、自分の声を聞いて修正していくのは、
語学学習において正しい発音に至るための近道なのだそうです。

実際、これを付けて読むと、読み間違いが減る子がけっこういます。

最も劇的に効果があるのは、普段から聞こえが悪いことを自覚している子
(片耳が難聴の子や、常に耳が詰まっている感じがすると言う子は、
ひっくり返るような衝撃を受けていました。
「初めて自分の声がクリアに聞こえた!」と)
ですが、そうでもない子でも、読み間違いが減るケースが何人かあります。

一方、イヤホンの感触が嫌だという子、
自分の声がよく聞こえることが嫌だという子、もいました。

この効果については、もう少し試して、またここで報告します。



では、もじこ塾夏期講習の後半が始まります!



0 件のコメント:

コメントを投稿