on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
-
​​
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-
​​
独創的で、​​対人能力が高い。
​​
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力
に長ける。
- ​音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- ​読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから​
- ​細​​​​かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される-
​ ​
10人に1人程度いるというのが通説
​。アメリカの調査では3人に1人とも
- 家族性であり、遺伝による​。ただしディスレクシアの表れ方は個人差が大きい



当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2014-10-31

1年生と6年生の時の五十音

小1の時に50音を書いたものが出てきました。



たぶん、1年の1学期か2学期ではないかと思います。

一緒に計算も出てきました。







「み」が難しそう。。
この頃は「まあこんなものだろう」と思っていたのでした。



ところで、さっき(6年)50音を書いてもらいました。

「あいうえおを最後まで書いて」と言うと、
「あいうえお」だけ書いてすましてるので「"ん"まで書いてよ」と言うと、
「え~!後のほう分かんないよ」ですと。。

ついでにカタカナも書いてもらいました。
ヌ、ホ、ラ、ル、レは思い出せず。
どれも、漢字にも多用されてる「部品」ですけど・・・・



ちなみに読むほうは、カタカナはちょっと苦しいけど逐字読みはできて、
ひらがなはほぼ問題なく読めるようになりました。

こんな感じなので、
いま「ひらがな・カタカナが入らない」とお悩みの小1のディスレクシア児も、
まあまあ出来たら先に進んでよいと思います!

「ひらがな・カタカナが完璧に出来てから漢字に進もう」だと、
永遠に先に行けないかと。

それに、難しい(と一般に思われる)ものを意外と簡単にクリアし、
易しい(と一般に思う)ものに手こずるのがディスレクシアです。


毎日こつこつ読み書きの練習を続けていれば、
周りの子よりは遅いし汚いですが、それなりに書けるようになります!


2 件のコメント:

  1. もじこ様
    こんにちは!
    ディスレクシアではないのですが、
    読み書き障害を持つ子の親として援護射撃させてください。

    読み書き障害を持つ子のなかには、
    ひらがなやカタカナ、ローマ字には苦戦しますが、
    漢字は、意外と記憶できるタイプの子がいます。
    (文字を絵として記憶するタイプなのではないかと
     見ています。)

    むしろ、そうなると漢字は読むときの手がかりになるので、
    ひらがなやカタカナと同時進行で漢字も頑張らせた方が、
    テストの結果もそれほど悪くならずに済んで、
    モチベーションを持たせるのにいいと思います。
    (担任の先生の理解は必須ですけれど・・・・・。)

    返信削除
    返信
    1. 援護射撃ありがとうございます。
      ですよね!>ひらがなカタカナほど漢字では手こずらないケースもある

      削除