on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
-
​​
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-
​​
独創的で、​​対人能力が高い。
​​
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力
に長ける。
- ​音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- ​読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから​
- ​細​​​​かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される-
​ ​
10人に1人程度いるというのが通説
​。アメリカの調査では3人に1人とも
- 家族性であり、遺伝による​。ただしディスレクシアの表れ方は個人差が大きい



当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2013-09-02

自閉症と腸の異常に関係がある可能性

今日から2学期!
子に「夏休み最大の思い出」をたずねたところ、「サッカーの合宿で、漁師さんに分けてもらったあわびを焼いて食べたこと(以下、味の説明が続く)」。
このように、非常に味にうるさい人です。Σ( ̄口 ̄*)。

私の夏休み最大の思い出は、「誰しもある程度のいびつさを抱えて生きている」「『発達障害』の人はお互いに引き寄せ合う」という気づきを得たことでしょうか。その他書ききれないくらいいろんなことを学んだ夏でした。。。

すみません、ここからが本題です。
腸内環境が自閉症(アスペルガー)の行動問題の原因?!という記事の翻訳です。

Gut Flora May Offer Clues About Autism
原文はこちら。代替医療系のサイトかも?


自閉症と腸の異常に関係がある可能性

 15年前、自閉症の子供は1万人に1人とされていた。10年前には1000人に1人、その後150人に1人とされ、そして先日CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が発表した最新統計では、米国の自閉症児の割合は50人に1人とされている。

この数字がかなり高率の疾患に相当することに、大方の異論はないだろう。だが答えられないまま放置された問いがある。それは「自閉症という神経発達性障害の急激な増加をもたらしているものは何か」だ。
自閉症の環境要因の候補は、ビタミンD不足、電磁場、ワクチン、水銀中毒などを含め、きわめて多岐に渡る。だがこの疑問の大きな鍵を握るとみられる要素が浮上しつつある。いくつかの研究が、自閉症と腸の異常に関係がある可能性を指摘しているのだ。


腸内菌叢が自閉症解明の鍵を握る可能性があると示唆する新研究

自閉症の子供は胃腸に問題を抱えている場合が少なくないことは、よく知られている。重い胃腸の問題を抱える子どもが重度の自閉症であるケースは、往々にしてみられる。

だが最近、こうした胃腸の問題は、その下にある別の問題の一症状である可能性があることが示唆されている。
すなわち、腸内菌叢の異常は胃腸の不調を引き起こしているだけでなく、自閉症と関連づけられる行動上の問題をも引き起こしている可能性があるというのだ。
ある最新研究では、20人の定型発達児と20人の自閉症児の便を採取してその腸内菌叢を分析したところ、両者のあいだに明らかな違いを発見した。

Medical News Todayによると
「この新研究では、自閉症児20人からなる被験者の便サンプルを分析したところ、微生物の多様性が減少していることが検出された。
特に、自閉症児の被験者は定型発達の子供と比べてプレボテーラ属、コプロコックス属、ベイヨネラ科が少なかった。
…これらの3つの属は糖質分解および/または発酵を行う微生物の重要なグループを成す。
こうした菌は健康な腸内細菌の活動にとって不可欠であったり、または腸内のさまざまな微生物の広範なネットワークを支える役割を果たしている可能性がある。
後者が正しいなら、自閉症児のサンプルで観察された腸内細菌の多様性減少を説明できるであろう」
同研究によると、自閉症児の腸内細菌叢は豊かさと多様性において劣っていた。これらは環境からの攻撃に対処するための細菌集団を形成するためには不可欠な要素である。
代表執筆者のひとりは「われわれは、多様性の高い腸こそが健康な腸だと信じている」と言う。
また、定型発達児と比べて自閉症児は生後3年間に抗生物質を投与されることが多いことが明らかになっているが、この抗生物質も有益な腸内細菌を殺している可能性があり、重要な役割を果たしている可能性があると言う。


・同研究によると、自閉症児の母親のほぼ全員の腸内菌叢に異常がみられた。新生児は分娩時に母親から腸内菌叢をもらうため、母親の腸内菌叢は重要である。

・最適な腸内菌叢を維持するために、健全な有機土壌で育った生の食材を食べること、また発酵食品やプロバイオティクスで腸内細菌を「植え直す」ことは(後者は特に、抗生物質を服用している場合は重要)は、自分自身さらには妊婦の場合は赤ん坊の健康を改善するためにできる最も重要な対策の一つである可能性がある。


・母乳、その後は発酵食品によって、有益な細菌を豊富に与えることは、子どもの腸内菌叢を維持する最も強力な方法の一つである。


-------

妊娠中に、欲するままにジャンクフードをたくさん食べて申し訳ありませんでした(泣)。

「発達障害児への学習指導は、食育と同時並行であるべき」
を書いた後、『酵素ごはん』を読んで、低速ジューサーを買いました。
毎日野菜を絞って家族で飲んでます。野菜消費量が激増しました。
ディスレクシア的に良い影響があると良いのですが・・・

ちなみに、味に細かいうちの子には「にんじん+オレンジ」が好評です。


  




1 件のコメント:

  1. うちの息子は中耳炎を何回も患って,抗生物質投与されまくりでした。うーむ。息子に野菜をもっと食べるように言いました。

    返信削除