on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2012-03-11

トム・ルイス

Tom Lewis: Tom Lewis: 'If golf doesn't turn out to be my life, I'm going to struggle' より
(トム・ルイス「ゴルフが自分の人生にならなかったら、大変なことになる」)




 ... "I can't read certain words and I can't spell. So what? It doesn't mean anything to me. I've always wanted to play golf for a living, so school was never going to be a big part of my life.
"Yeah, I tried my best, but I didn't see the point of it. I didn't go to a school designed to cope with someone with dyslexia. There was nobody there to help me – but, to be honest, I didn't want help. I was just looking forward to leaving at 16. A lot of people talk about having a back-up, but to my mind if you are talking about a back-up your concentration is not fully on what you want. I've only got one goal. And if golf doesn't turn out to be my life I'm going to struggle."


「読めない単語があるし、字が書けない。『だから何?』って感じ。読み書きできないからといってどうってことない。ゴルフで生計を立てたいとずっと思っていたから、学校が人生の大きな部分を占めることはないと分かっていた。
そりゃ学校では頑張ったけど、勉強の意味が見いだせなかった。ディスレクシアへの対応が確立しているような学校ではなかったし、学校には支援してくれる人はいなかった----というか、正直に言うと、支援なんかいらなかった。とにかく早く16歳になって卒業したかった。多くの人が「支援が大事だ」と言うが、自分にとっては、「支援がほしい」と思うのは、自分が本当に求めているものに完全に意識が向いていない証拠。僕の目標はひとつしかない。ゴルフが自分の人生にならなかったら、大変なことになる」

トム・ルイス





















#「支援する」より「邪魔しない」ほうが大事なのかもしれません・・・・