on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
- 
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)
- 独創的で、対人能力が高い。空間把握力、全体像や物事の関係性を把握する能力に長ける。
- 音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- 読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい
- 細かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される
- 10人に1人程度いるというのが通説

当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2012-03-07

NHKスペシャル「病の起源」、ほか


「病の起源」
ディスレクシアを人に説明するための最初の1冊として最適。




・読字能力はもともと人間の脳に備わっていなかった

・読字障害の人が持つ特異な能力

(ディスレクシアの建築家と考古学者の例を紹介)

・アメリカのディスレクシア用学校での教え方
(体をつかって字を覚える)

・「読字障害に限らないことですが、私はお子さんが持っている特徴を、たとえそれによって社会生活を送るうえで不利な面があっても、そのまま受け止めてあげて欲しいと思っています。『それでいいよ』と言ってあげられることが、まずそのお子さんを守る第一歩になると思います。」
(大阪医科大学LDセンター若宮英司顧問)


http://www.nhk.or.jp/special/onair/081012.html


このNHKスペシャルに登場する方の自伝がこちら↓
「ディスレクシアな僕の人生」



このなかに登場する、著者小4のときの字が、うちの子の字に本当にそっくりです・・・




この方のお母さんが書かれた本が
藤堂栄子「ディスレクシアでも大丈夫!」



この本の内容と一部重なる、講演録があります。

藤堂さん本人もディスレクシアでしたが、漢字が書けないのは帰国子女だからだと自他共に思い込み、息子さんがディスレクシア診断を受けるまで、自分がディスレクシアだと知らなかったそうです。

これはまさに、私の父とまったく同じパターンです。
父は、69歳までの仕事人生のすべてを海外で過ごして退職した建築家です。
子(父にとっては孫)のディスレクシアのことを色々調べていくなかで、「この特徴ってパパそのものだよ?!」と気がつきました。

父は私が物心ついたときから、日本語がかなりあやしく(長嶋茂雄みたいな感じ)、固有名詞の言い間違いが多かったです。
日本を離れてから長いせいだと思っていました。
でも上の本によると、これはディスレクシアの特徴らしいです。

一方、父は写真、運転、大工仕事、生け花がものすごく上手です。
デジカメを常時持ち歩き、さっと取り出してぱっと撮り、何か話すときはその写真を見せてきます。
どんな角度からでも一発で完璧に駐車することを美学とし、
地図を一度見れば、たいていの場所には何も見ずに行けてしまいます。
実家は、父の大工仕事と美しい生け花で料亭みたいです(笑)

そんな父ですが、本や新聞を読んでいるのを見たことはほとんどありません。